一日一冊:今日の名言

本のソムリエが、名言クイズの答えを解説。

MENU

アラブ系対ペルシャ系の民族的対立

f:id:japantn:20170105065200j:plain

「今日の名言」は・・・

・「イスラム国」をめぐる問題、
 さらにはサウジとイランのけんか・・
 アラブ系対ペルシャ系の民族的対立と
 考えた方がすっきるする(p105)


トランプ大統領とダークサイドの逆襲 ―宮家邦彦の国際深層リポート」 宮家 邦彦、時事通信社
【私の評価】★★☆☆☆(67点)

 

■アラブ系とはアラビア語を話す人です。
 アラビア半島からイラク、シリア、
 ヨルダン、そしてエジプト。
 スンナ派が多い。

 

 ペルシャ系はペルシャ語を使い
 イランを中心とした地域で、
 シーア派が多い。

 

■つまり、中東のいざこざは、
 ペルシャ系のイランが大きな
 鍵を握っているということです。

 

 日本としては、こうした
 アラブ系とペルシャ系の対立の中で、
 中立的な交流を続けることが
 できるのでしょうか。


↓↓この名言に「なるほどね!」と思ったら
クリックをお願いします
第1位

いつも応援ありがとうございます

トランプ大統領とダークサイドの逆襲 ―宮家邦彦の国際深層リポート―
宮家 邦彦
時事通信社
売り上げランキング: 3,954

続きを本ナビで読む

■楽天ポイントを集めている方はこちら『いいね!』