一日一冊:今日の名言

本のソムリエが、名言クイズの答えを解説。

MENU

ドイツについて、自国の勢力拡大だけを考えた強欲非道ぶり

f:id:japantn:20170406065811j:plain

「今日の名言」は・・・

ドイツについて、自国の勢力拡大だけを
 考えた強欲非道ぶりは「本当にひどい」
 と思う一方、官民が一丸となって
 富国強兵を進めるその努力には、
 感服せざるを得ないのです(p110)


論語と算盤(下)」渋沢栄一、致知出版社
【私の評価】★★★☆☆(78点)

 

■90年前の当時のドイツは、
 1914-1918の第一次世界大戦の敗戦から
 立ち上がろうとしていた時期です。

 

 ワイマール共和制下で
 ナチスがだんだんと勢力を
 拡大しようとしていました。

 

 渋沢栄一は欧米諸国の
 自国の勢力を拡大しようという
 強欲さについて
 強く批判しているのです。

 

■国家運営についても
 「論語と算盤」という理想を持っている
 渋沢栄一にとって
 第一次世界大戦は意外だったのでしょう。

 

 文明国であるはずのヨーロッパ諸国が、
 戦争によって自滅し、
 互いに傷つけ合っているという現実。

 

 その強欲非道について納得はしないが、
 国家としての富国強兵を進める
 ドイツの強さは認めざるをえなかったのです。


↓↓この名言に「なるほどね!」と思ったら
クリックをお願いします
第1位
いつも応援ありがとうございます

論語と算盤(下) (人生活学篇(いつか読んでみたかった日本の名著シリーズ13))
渋沢栄一
致知出版社 (2016-07-29)
売り上げランキング: 81,990

続きを本ナビで読む

■楽天ポイントを集めている方はこちら『いいね!』