一日一冊:今日の名言

本のソムリエが、名言クイズの答えを解説。

MENU

対ソ連戦に備えて中国と事を構えるのを嫌う石原莞爾(かんじ)作戦部長

f:id:japantn:20170601084314j:plain

今日の名言クイズ」の答えは・・・

・盧溝橋事件・・参謀本部内では、
 対ソ連戦に備えて中国と事を構えるのを
 嫌う石原莞爾作戦部長らの不拡大派(和平派)と、
 この際、中国側に強烈な一撃を食わせて
 今後の禍根を断とうという武藤章作戦(第三)
 課長らの拡大派(強硬派)とが対立し、
 しのぎを削っている最中であった(p96)


多田駿伝:「日中和平」を模索し続けた陸軍大将の無念」 岩井 秀一郎、小学館
【私の評価】★★★☆☆(71点)
[楽天ブックスで購入する]

 
■石原莞爾と多田駿は、
 ソ連に対抗するために、
 中国とは和平を求めました。

 

 二正面で戦争するのは、
 明らかに負け戦だからです。

 

 仮想的を一つに絞り、
 その他の国とは協調するのが
 戦略というものでしょう。

 

■その後、日本は
 中国、ソ連のみならず、
 米国と戦争をはじめます。

 

 これでは戦争に
 勝てるはずがありません。

 

 近衛内閣がスパイに
 コントロールされていたと
 推察する人もいますが、
 本当のところはどうなのでしょうか。

 


↓↓この名言に「なるほどね!」と思ったら
クリックをお願いします
第1位
いつも応援ありがとうございます

多田駿伝: 「日中和平」を模索し続けた陸軍大将の無念
岩井 秀一郎
小学館
売り上げランキング: 25,739

続きを本ナビで読む