一日一冊:今日の名言

本のソムリエが、名言クイズの答えを解説。

MENU

心肺蘇生をどうするか、本人と家族の考えを確認

f:id:japantn:20170614064815j:plain

「今日の名言」は・・・

・初診時に・・家族の役割、
 ホスピスでの過ごし方、心構えから、
 最後を迎えるときに心肺蘇生
 どうするかということについてまでも、
 本人と家族の考えを確認します(p102)


ホスピスという希望: 緩和ケアでがんと共に生きる
佐藤 健、新潮社
【私の評価】★★★★★(95点)
[楽天ブックスで購入する]

 
■「死」を前提に話をするのは、
 医師も患者も苦しいことでしょう。

 

 しかし、患者の意識が
 はっきりしているうちに
 決めておかないと
 後で困ることになります。

 

 とくに延命治療について
 本人を含めて決めていないと
 不必要な蘇生が行われてしまいます。

 

 そこは事前に決めておくことが
 お互いのためになるのでしょう。

 

■つまり、食べられなくなったら
 胃ろう(胃に直接栄養を供給)
 するかどうか。

 

 息ができなければ、
 人工呼吸器を使うかどうか。

 

 心臓が止まったら
 心臓マッサージを行うかどうか。

 

 穏やかな死を望むか、
 あばら骨が折れても、
 心臓を動かすかの選択です。

 


↓↓この名言に「なるほどね!」と思ったら
クリックをお願いします
第1位

いつも応援ありがとうございます

ホスピスという希望: 緩和ケアでがんと共に生きる (新潮文庫)
佐藤 健
新潮社 (2014-04-28)
売り上げランキング: 481,656

続きを本ナビで読む