一日一冊:今日の名言

本のソムリエが、名言クイズの答えを解説。

MENU

東芝の経営者は利益の増大を至上命令としていました

f:id:japantn:20170705064614j:plain

「今日の名言」は・・・

東芝の経営者は利益を増やすことを
 目的として原発事業に投資し、
 投資家の信頼をつなぎ止めるために
 利益の増大を至上命令としていました。
 結果として、利益が絶対だとする
 「思い込み」が招いた結末は
 惨憺たるものでした(p3)


会計は一粒のチョコレートの中に」林 總、総合法令出版
【私の評価】★★★☆☆(79点)
[楽天ブックスで購入する]

 
■まだ決算ができていない東芝ですが、
 パソコン事業、半導体事業で
 利益の水増しをしていたことが
 わかっています。


 パソコンについては、
 製造委託先にパソコンを
 売ったことにして
 架空利益を計上。


 半導体では在庫の資産価値を
 水増しして利益を
 増やしています。

 

■つまり、東芝の経営陣は、
 会計上の利益を出すために
 粉飾決算を行いつつ、
 不確実な巨額投資を行った。


 その結果、粉飾と投資失敗が表面化し、
 最も期待できる半導体部門を
 売り払うことになってしまったのです。


 本来、経営者は厳しい状況だからこそ
 事実と向き合い、危機感を従業員と共有して
 危機に対応してほしかった。

 


↓↓この名言に「なるほどね!」と思ったら
クリックをお願いします
第1位

 

いつも応援ありがとうございます

会計は一粒のチョコレートの中に
林 總
総合法令出版
売り上げランキング: 105,591

続きを本ナビで読む