一日一冊:今日の名言

本のソムリエが、名言クイズの答えを解説。

MENU

限界利益率20~25%くらいが多い建設業

f:id:japantn:20170811100126j:plain

今日の名言クイズ」の答えは・・・

限界利益率の20~25%くらいが多い
 建設業においては・・
 売上もれや値引き、追加工事などの
 逸失利益をなくすことや、
 高値で受注できる工事を増やすなど、
 売値で頑張っていただき、
 原価の低減に努力されるほうが
 改善効果は高いと思います(p186)


小さな建設業の脱!どんぶり勘定: 事例でわかる「儲かる経営の仕組み」
服部 正雄、合同フォレスト
【私の評価】★★★☆☆(74点)
[楽天ブックスで購入する]

 
■限界利益(marginal profit)とは、
 売上から変動費を引いた利益です。

 

 限界利益の意味は、
 売上を1単位増やしたときに
 増える利益のこと。

 

 つまり、この限界利益で、
 固定費を回収していくのです。

 

 そういう意味では、
 ”限界”というのは
 わかりにくい邦訳ですね。

 

■建設業において、
 限界利益が20%ということは、
 80%が変動費ということです。

 

 つまり建設業とは
 ほとんどが変動費で
 固定費が非常に小さい
 事業なのです。

 

 ですから固定費を減らすより、
 売上増を考えたほうがいい。

 

 ただし、利幅が20%ですから、
 安易な値引きをすれば、すぐに
 赤字になってしまうということです。

 

 
↓↓この名言に「なるほどね!」と思ったら
クリックをお願いします
第1位

 

いつも応援ありがとうございます

 

小さな建設業の脱!どんぶり勘定: 事例でわかる「儲かる経営の仕組み」
服部 正雄
合同フォレスト
売り上げランキング: 3,546

続きを本ナビで読む