一日一冊:今日の名言

本のソムリエが、名言クイズの答えを解説。

MENU

多くの地方政府は、債務の株式転換で債権への利払いだけ免除

f:id:japantn:20171023085739j:plain

「今日の名言クイズ」の答えは・・・

・多くの地方政府は、債務の株式転換
 自分たち支配株主の持分を温存したまま、
 債権への利払いだけ免除してもらう
 手段だと見ている(p181)


「米中経済戦争」の内実を読み解く」津上 俊哉、PHP研究所
【私の評価】★★★★☆(84点)
[楽天ブックスで購入する]

 
■中国では多数の国有企業や
 地方政府系の会社が借金を
 返せない状況になっています。

 

 その借金をチャラにする方法が、
 債務の株式転換です。

 

 つまり、借金なら利息と元本を
 定期的に返済しなければなりませんが、
 株式なら配当だけでよい。

 

 それも赤字企業なら配当金すら
 払わなくてもよいのです。

 

■しかし、債務の株式転換は
 本来は企業再生の一つの手法であり、
 企業のリストラが前提です。

 

 つまり、赤字事業から撤退したり、
 従業員削減や株式の減資をしたうえで、
 債務の免除や株式転換が行われるのです。

 

 事業の再構築が行われず、
 赤字体質は変わらないのに、
 債権者だけが損をするわけです。

 

 もちろん株主も株式の希薄化で
 若干の損を被りますが、
 債権者(銀行)に負担を
 押し付けることができるのは
 権力を持つ共産党の国有企業や 
 地方政府ならではだと思います。

 


↓↓この名言に「なるほどね!」と思ったら
クリックをお願いします
第1位
いつも応援ありがとうございます

 

「米中経済戦争」の内実を読み解く (PHP新書)
津上 俊哉
PHP研究所
売り上げランキング: 25,573


続きを本ナビで読む