一日一冊:今日の名言

本のソムリエが、名言クイズの答えを解説。

MENU

本多勝一氏による「中国の旅」が1971(昭和46)年連載

f:id:japantn:20180313075033j:plain

「今日の名言クイズ」の答えは・・・

・当時、朝日新聞の後藤基夫東京編集局長は、
 金日成の次に周恩来に単独インタビューをし、
 それと連動して、本多勝一氏による
 「中国の旅」が1971(昭和46)年8月26日から
 12月25日まで連載されたわけです・・
 中国共産党が指定したものでしょう・・
 本多氏はまったく裏を取っていません。
 裏を取らずに、ただ中国側の用意した語り部が
 そう言ったというだけで記事にする・・
 そういう悪しき手法がその後も一部のメディアや
 ジャーナリストに定着してしまった(稲垣)(p47)


朝日新聞の大研究―国際報道から安全保障・歴史認識まで
古森 義久、井沢 元彦、稲垣 武、扶桑社
【私の評価】★★★☆☆(77点)
[楽天ブックスで購入する]

 
■ジャーナリズムとは、
 現実を読者に伝えることが
 仕事です。

 

 そのため、記者は情報の裏を取る
 という作業を最初に学ぶと
 本には書いてあります。

 

 しかし、実際には一方の主張だけを
 裏取りせずに報道するマスコミが
 数多く存在するのが実情です。

 

■そもそも中国においては、
 事前にマスコミと中国当局が
 中国の意向に沿わない報道をしない
 という協定を結んでいます。

 

 中国の意に沿わないマスコミは
 記者を国外追放される。

 

 中国関係の報道は
 中国当局の意向が反映されたものだけで
 一種のプロパガンダなのです。

 


↓↓この名言に「なるほどね!」と思ったら
クリックをお願いします
ブログランキング第2位

いつも応援ありがとうございます

 

朝日新聞の大研究―国際報道から安全保障・歴史認識まで
古森 義久 井沢 元彦 稲垣 武
扶桑社
売り上げランキング: 1,012,651


続きを本ナビで読む