一日一冊:今日の名言

本のソムリエが、名言クイズの答えを解説。

MENU

冨永司令官は、儀式が好きだった

f:id:japantn:20180319085018j:plain

「今日の名言クイズ」の答えは・・・

・冨永司令官は、儀式が好きだった。
 特攻隊がフィリピンに到着したことを知り、
 隊長に会いたいと言い出した・・
 制空権のない遠路を呼び寄せるのは危険だと、
 参謀達は止めたが、聞き入れなかった(p65)


不死身の特攻兵 軍神はなぜ上官に反抗したか
鴻上 尚史、講談社
【私の評価】★★★★☆(85点)
[楽天ブックスで購入する]

 
■1944年(昭和19年)11月4日、
 特攻隊の岩本隊長は、司令部から
 マニラに来るように命令を受けました。

 

 冨永司令官が、陸軍最初の
 特攻隊員と宴会をしたいと
 言い出したのです。

 

 制空権のないところでの移動が
 危険なことは、参謀からの助言で
 分かったうえでのことでした。

 

■定期的にアメリカ軍の空襲がある中、
 岩本隊長以下5人を乗せた飛行機は
 宴会のために飛び立ちました。

 

 しかし、岩本隊長の飛行機は、
 グラマン戦闘機の攻撃を受け
 4名死亡、1名重症。

 

 宴会のために、
 特攻隊隊長と将校の操縦者を
 一気に失ったのです。

 

■福島原子力事故のときも
 周囲の人が反対するのに
 総理大臣が現場に行きました。

 

 その時、現場は、高圧になった原子炉を
 大気解放(ベント)するために
 必死に作業しているところでした。

 

 総理大臣の視察で、
 ベントの作業がどの程度、
 遅れたのかはわかりません。

 

 ただ、その直後、
 福島原子力1号機から漏洩した水素が
 爆発したのです。

 


↓↓この名言に「なるほどね!」と思ったら
クリックをお願いします
ブログランキング第2位

いつも応援ありがとうございます

 

不死身の特攻兵 軍神はなぜ上官に反抗したか (講談社現代新書)
鴻上 尚史
講談社
売り上げランキング: 358


続きを本ナビで読む