一日一冊:今日の名言

本のソムリエが、名言クイズの答えを解説。

MENU

方谷は謙虚であった・・「世に小人なし。一切、衆生、みな愛すべし」と戒めている

f:id:japantn:20180420070829j:plain

「今日の名言クイズ」の答えは・・・

・西郷には「上から目線」がある。
 「世上一般に十人に七、八人までは小人」
 などといった・・
 この点、方谷は西郷より人物が大きいかもしれない。
 いや少なくとも謙虚であった・・・
 「世に小人なし。一切、衆生、みな愛すべし」
 といって、戒めている(p179)


日本史の内幕 - 戦国女性の素顔から幕末・近代の謎まで
磯田 道史、中央公論新社
【私の評価】★★★★★(90点)
[楽天ブックスで購入する]

 

■山田方谷は、幕末、
 備中松山藩(岡山県高梁市)で
 収入の5倍の借金を返済し、
 8年で同額の資産を築いた人です。

 

 その手法は、借金の長期返済化
 (債券放棄ではない)、
 家計の公開、支出削減、産物ブランド化、
 鉄への投資、米の備蓄、軍隊の整備などです。

 

■方谷も、世の中のほとんどは
 小人と思っていたかもしれませんが、
 それを公言しちゃおしめえよ、
 ということがわかっていたのでしょう。

 

 正直に話す人は、大物には
 なれないのだと思います。

 


↓↓この名言に「なるほどね!」と思ったら
クリックをお願いします

ブログランキング第2位

いつも応援ありがとうございます

 

 

日本史の内幕 - 戦国女性の素顔から幕末・近代の謎まで (中公新書)
磯田 道史
中央公論新社
売り上げランキング: 1,039


続きを本ナビで読む