一日一冊:今日の名言

本のソムリエが、名言クイズの答えを解説。

MENU

忖度していたのは、実は前川さんだったのでは?

f:id:japantn:20180525093328j:plain

「今日の名言クイズ」の答えは・・・

・2017年7月24日の前川喜平氏の参考人質疑で、
 「忖度していたのは、実は前川さんだったのでは?」
 というのが明らかになった
 やりとりがあるんですよ(足立)
 小野寺五典衆議院議員の質疑ですね(小川)(p150)


宣戦布告: 朝日新聞との闘い・「モリカケ」裏事情から、 在日・風俗・闇利権まで、日本のタブーに斬り込む!」 小川 榮太郎、足立 康史、徳間書店
【私の評価】★★☆☆☆(66点)
[楽天ブックスで購入する]

 

■退官後、積極的に
 「政治の力で行政がゆがめられた」とする
 前川喜平 元文部科学省事務次官は
   組織人として、問題が多いように感じます。

 

 まず、「政治の力で行政がゆがめられた」
 とマスコミや講演会などで主張していますが、
 なぜ現役のときに言わなかったのか。

 

 そもそも「ゆがめられた」というのは反対で、
 文科省が獣医学部が新設できないように歪めて
 いたのに、その歪みを正されてしまい、
 なんとか1校新設で踏みとどまったのです。

 

■そして自分は、文部科学省の
 不正な天下り問題の責任を取る形で
 辞任しています。

 

 自分の権限が及ぶ業界に天下ることが
 禁止されているのに組織的に斡旋していた。
 これは重大な問題です。

 

 よく退官後にマスコミに顔を出せるなと
 思いますが、別の思惑、目的があるとしか
 考えられません。

 

■そういえば、文部科学省に
 「総理のご意向」と書かれた文書が
 あるとかないとか問題になりましたが、
 担当者のメモがなぜ外部に出るのでしょうか?

 

 メモはメモであり、
 担当者が勝手に書いたもので、
 信ぴょう性は担当者を信じるしかありません。

 

 そして、メモが作成されたタイミングは
 すでに獣医学部の新設が決まったところで
 担当者が言い訳として書いている
 可能性さえあるのです。

 

■これらを総合的に見れば、
 天下り問題で処分された文科省が、
 マスコミ、野党と共闘して
 安倍政権を潰そうとしているとしか
 見えません。

 

 既得権益に手を突っ込む人が、
 いかに潰されるのか
 よくわかる事例だと思います。
 だれも本質、事実を言わないのです。

 


 そうしたことをマスコミが一切報道しないこと、
 不正天下り問題で辞任した前川喜平氏を
 ヒーローかのように盛り上げることこそが、
 すべてを物語っているように感じます。

 


↓↓この名言に「なるほどね!」と思ったら
クリックをお願いします

ブログランキング第2位

いつも応援ありがとうございます

 

 


続きを本ナビで読む