一日一冊:今日の名言

本のソムリエが、名言クイズの答えを解説。

MENU

韓国の歴史教科書・・・「テロリスト史観」によって貫かれています

f:id:japantn:20180809065424j:plain

「今日の名言クイズ」の答えは・・・

・韓国の歴史教科書・・・
 「テロリスト史観」によって貫かれています・・・
 朴烈は1923年日本で国王の暗殺を企てた。
 趙明河は1928年対談で日本の皇族を刀で襲う
 義挙を行った」「1932年に韓人愛国団員の
 李奉昌が東京で日本の国王が乗ったと
 みられる馬車に爆弾を投げた・・・」
 という調子で、天皇や皇室を狙った
 テロリストを延々と紹介しています
 (佐藤)(p97)


大世界史 現代を生きぬく最強の教科書」 池上 彰 佐藤 優 、文藝春秋
【私の評価】★★★★☆(88点)
[楽天ブックスで購入する]

 

■2年前に、靖国神社の公衆トイレに
 韓国人が鉄パイプ爆弾を設置した}
 事件がありました。

 

 爆弾は不発でしたが、
 韓国人がなぜこうしたことを
 するのでしょうか。

 

 実は、韓国では
 日本を対象としたテロリストが
 英雄として教えられ、
 英雄と認識されているのです。

 

 

■こうした事実を知ると、
 なぜ日本と韓国のスポーツの試合で
 日本に対してラフプレーをするのか、
 分かってきます。

 

 あらゆる手段を用いて
 日本を破壊、攻撃するのが
 社会的に褒め称えられることなのです。

 

 韓国人一人ひとりは
 普通の人間だと思いますが、
 国家としての教育が
 そうした結果を生んでいるのでしょう。

 


↓↓この名言に「なるほどね!」と思ったら
クリックをお願いします

ブログランキング第2位

いつも応援ありがとうございます

 

大世界史 現代を生きぬく最強の教科書 (文春新書)
池上 彰 佐藤 優
文藝春秋
売り上げランキング: 41,601


続きを本ナビで読む