一日一冊:今日の名言

本のソムリエが、名言クイズの答えを解説。

MENU

李承晩も金日成と同様、日本の支配に対して戦ってきた結果、現在の韓国があるという主観的な史実をつくり出している

f:id:japantn:20180827070127j:plain

「今日の名言クイズ」の答えは・・・

・金日成は、戦争末期にはソ連の基地にいて・・・朝鮮半島で戦っているわけがありません・・・李承晩は「臨時政府」の大統領を罷免され、戦争が終わるまで、朝鮮半島には入っていません。アメリカでさかんにロビー活動をしていたのです・・李承晩も金日成と同様、他国(アメリカ)に  連れて来られる形で大統領になった・・・日本の支配に対して戦ってきた結果、現在の韓国があるという歴史をつくり出したのです。これは、北朝鮮のような歴史の捏造とまでは言えませんが、きわめて主観的な史実をつくり出している点では変わりません(p193)


おとなの教養 私たちはどこから来て、どこへ行くのか?
池上 彰、 NHK出版
【私の評価】★★★★☆(81点)
[楽天ブックスで購入する]

 

■日中韓の間では「歴史認識」が
 問題とされています。

 

 そもそも作られた歴史認識を
 合わせるという自体が
 不可能のように感じます。

 

 結果的には歴史認識が違う
 ということを確認するだけに
 終わるのです。

 

■そもそも併合を植民地支配
 などと言い換えるのは、
 歴史の歪曲ではないでしょうか。

 

 スコットランドの人達は
 不満はあるでしょうか、
 イングランドの植民地支配とは
 言わないでしょう。

 

 お互いが国家として
 併合を承認した結果、
 併合されたのですから、
 後で史実を読み替えるのは
 おかしいと感じます。

 


↓↓この名言に「なるほどね!」と思ったら
クリックをお願いします

ブログランキング第2位

いつも応援ありがとうございます

 

 

おとなの教養 私たちはどこから来て、どこへ行くのか? (NHK出版新書)


続きを本ナビで読む