一日一冊:今日の名言

本のソムリエが、名言クイズの答えを解説。

MENU

長崎事件・・1886年清国の水兵5人が遊郭で遊んだ際に暴れ、警官に暴行を加え逮捕

f:id:japantn:20180928082721j:plain

「今日の名言クイズ」の答えは・・・

・長崎事件・・1886年、清国の北洋艦隊の4隻がウラジオストックに航海した帰りに長崎に入港・・そこへ清国の水兵5人が遊郭で遊んだ際に暴れ、駆けつけた警官に暴行を加え逮捕されるという事件が起こった・・・2日後には、今度はの水兵が巡査をからかい袋叩きにしてしまうという事件が起こった・・応援の日本人警官との水兵との間で大乱闘になり、の水兵は次々にかけつけ最終的に400人を超えたという。日本の警官も負けじと応戦し、それぞれに死傷者を出す大事件に発展していった(p135)


本当は恐ろしい韓国の歴史」豊田 隆雄、彩図社
【私の評価】★★★★☆(81点)
[楽天ブックスで購入する]

 

■日清戦争前夜、清国、日本の間で
 朝鮮半島の主導権争いが
 激しくなっていました。

 

 朝鮮宮中で主導権争いがあり、
 さらに1894年、東学党の乱が起こると
 清国、日本とも朝鮮に出兵します。

 

 ロシアとイギリスが仲介しましたが、
 最終的に日本は武力で親日派の政権を
 成立させます。これで朝鮮をめぐっての
 日清戦争は避けられなくなったのです。

 

 

■こうした強引なまでに
 朝鮮から新清国派を排除したのかといえば、
 日本国内に長崎事件などにより
 反清感情が強くなっていたという。

 

 現在の日本も反中感情が
 高まっていますが、
 反戦憲法があるからこそ
 ここで留まっているのでしょう。

 

 これからも大陸からの嫌がらせは
 続くと思いますが、歴史に学び、
 世界の国々に仲間を増やし、
 挑発に乗らないようにしたいものです。

 


↓↓この名言に「なるほどね!」と思ったら
クリックをお願いします
ブログランキング第2位

いつも応援ありがとうございます

 

本当は怖ろしい韓国の歴史
豊田 隆雄
彩図社 (2016-10-17)
売り上げランキング: 43,450


続きを本ナビで読む