本のソムリエの「一日一冊:今日の名言」

本のソムリエが、名言クイズの答えを解説。

MENU

大相撲本場所において八百長はじつは黙認状態の慣行であり続けていた

f:id:japantn:20180206070220j:plain

「今日の名言クイズ」の答えは・・・

・世の中には、本当のことを書かれると、
 地位や所得を失うかもしれない人が、
 ものすごく多いのでしょう。
 〈NHKが何十年も中継してきた
 大相撲本場所において八百長はじつは
 黙認状態の慣行であり続けていた〉ことなどは、
 まず卑近な例に属するのかもしれません
 (兵頭二十八)(p252)


誰も書かなかった「反日」地方紙の正体
日下公人 他、産経新聞出版
【私の評価】★★★★☆(84点)
[楽天ブックスで購入する]

 
■日馬富士の貴ノ岩暴行事件と
 貴乃花親方と相撲協会の争いは、
 ニュースを見ていて不思議でした。

 

 メディアは何か大切なこと、
 本当のことを
 報じていないのではないか。

 

 なぜ貴乃花親方が、相撲協会を無視して
 警察に届け出なくてはならなかったのか。

 

 実は、相撲協会に相談していないというが、
 本当は相談していたのではないか。
 事実はわからないのです。

 

■仮説として、
 実は相撲はプロレスのように
 八百長が当たり前なのではないか。

 

 その中で、
 ガチンコの貴乃花親方と貴ノ岩は
 浮いていたのではないか。

 

 貴ノ岩はガチンコばかりしていたので、
 モンゴルチームから説教を受けたが、
 断ったので制裁を受けたのではないか。

 

 相撲協会も
 ガチンコの貴乃花親方と貴ノ岩を
 守ってくれなかったのではないか。

 

 しかし、事実を報道してくれる
 メディアはなさそうです。
 真実を知ることは難しいのでしょう。

 


↓↓この名言に「なるほどね!」と思ったら
クリックをお願いします

ブログランキング第2位

いつも応援ありがとうございます

 

誰も書かなかった「反日」地方紙の正体

産経新聞出版
売り上げランキング: 390,280


続きを本ナビで読む