本のソムリエの「一日一冊:今日の名言」

本のソムリエが、名言クイズの答えを解説。

MENU

『マキシム・ド・パリ』・・ソニーの森田昭夫副社長の執念が実って生まれたレストランです

ホテルオークラ総料理長の美食帖

「今日の名言クイズ」の答えは・・

・ホテルオークラに次いでフランス人シェフの招聘に成功したのは、1966年、銀座5丁目に誕生した『マキシム・ド・パリ』でした。当時怒涛の勢いで世界にビジネスを広げていたソニーの森田昭夫副社長の執念が実って生まれたレストランです(p53)


ホテルオークラ総料理長の美食帖」根岸 規雄、新潮社
【私の評価】★★★★☆(86点)
[楽天ブックスで購入する]

 

■2015年に閉店した銀座の
 『マキシム・ド・パリ』は
 ソニーの森田昭夫副社長が
 社交場として設立したもの。

 

 ソニーグループが出資していましたが、
 その後、他社に売却され
 経営不振から閉店したようです。

 

■盛田家といえば、森田昭夫氏の弟の
 盛田正明氏は、私財を投じて
 「盛田正明テニス・ファンド」を
 作っています。

 

 錦織圭選手は、このファンドの資金で
 13歳からアメリカへテニス留学し、
 今の地位を確立したのです。

 

■盛田家の人々は
 日本の文化に多大の貢献している
 ことがわかります。

 

 会社も文化も一人の人間によって
 作られるということがあるのですね。

 


↓↓この名言に「なるほどね!」と思ったら
クリックをお願いします ブログランキング第2位
いつも応援ありがとうございます

 

ホテルオークラ総料理長の美食帖 (新潮新書)
根岸 規雄
新潮社
売り上げランキング: 63,834


続きを本ナビで読む