本のソムリエの「一日一冊:今日の名言」

本のソムリエが、名言クイズの答えを解説。

MENU

(韓国では)子供に、日本を爆撃させたり、糞尿を浴びせる反日的な絵を描かせて駅の構内に貼り出す

日本よ、情報戦はこう戦え!

「今日の名言クイズ」の答えは・・

・子供に、日本を爆撃させたり、糞尿を浴びせる反日的な絵を描かせて駅の構内に貼り出すという異常な行為は、日本人の常識では考えられないことだが、韓国人はそういうことを平気でやる(p157)


日本よ、情報戦はこう戦え!」山岡 鉄秀、扶桑社
【私の評価】★★★★★(97点)
[楽天ブックスで購入する]

 

■韓国や中国は
 「日本軍が一般家庭から女性を20万人も
 拉致して慰安所で働かせ、虐殺した」
 というストーリーを拡散しています。

 

 それに対抗するためには、
 感情的に反論してもだめだし、
 強制連行はないと主張しても
 女性の尊厳を無視しているようで
 あまり効果的ではないという。

 

 では、どういった対抗手段が
 あるのでしょうか。

 

■著者が取り組んでいるのは、
 反日プロパガンダと逆に事実に基づく
 ストーリーを発信するということです。

 

 例えば、
 「韓国では子供に日本を爆撃させたり、
 汚物を浴びせるという絵を書かせて
 駅に貼り出すなどという反日教育を行い、
 その結果、韓国の子供が日本人子女を
 いじめている。こうした事実を無視した
 反日洗脳教育は倫理的に間違っている」
 という事実に基づくストーリーを動画で発信する。

 

 また、
 「昔は韓国の女性は中国に貢物として
 差し出されていた。その後、日本統治時代、
 公娼制度が導入され、最低限の女性の権限が
 認められるようになった。しかし、そこで
 お金のために自分の娘を売る親が出てきた。
 こうした状況で、慰安婦制度が成り立っていた
 という事実があり、同情すべき余地がある。
 ただし、軍隊が拉致して殺したという話は
 ナンセンスである」という事実に基づく
 ストーリーを拡散することです。 

 

 

↓↓この名言に「なるほどね!」と思ったら
クリックをお願いします

ブログランキング第2位

いつも応援ありがとうございます

 

 

日本よ、情報戦はこう戦え!
山岡 鉄秀
扶桑社 (2018-08-01)
売り上げランキング: 38,869


続きを本ナビで読む