本のソムリエの「一日一冊:今日の名言」

本のソムリエが、名言クイズの答えを解説。

MENU

警察の取り調べに使われているテクニック・・・罪を認めるなら、執行猶予がつくかもしれない

武器としての交渉思考

「今日の名言クイズ」の答えは・・

・「本当は交渉が決裂しても相手にとってはなんのデメリットもないのに、たいへんなことが起こると誤解させる」という、ちょっと裏技のような交渉術もあります・・・警察の取り調べに使われているテクニックです・・・ここで君が自分の罪を認めて、反省文を書いてくれるなら、執行猶予がつくかもしれない(p162)


武器としての交渉思考」瀧本 哲史、講談社
【私の評価】★★★★☆(89点)
[楽天ブックスで購入する]

 

■起訴されれば99%が有罪となる
 日本の裁判においては、
 交渉の余地はほどんどありません。

 

 だとすれば、起訴前に交渉することが
 最も重要であることがわかります。

 

 最初に警察で取り調べとなりますので、
 罪を犯していなければ、
 否認するのが当然でしょう。

 

■ところが、多くの場合、
 警察の取り調べで自白してしまう人が
 非常に多いと言われています。

 

 「このまま自白しないと・・・」
 「証拠はそろっている・・・」
 と脅されて自白を強要されるわけです。

 

 警察に逮捕されることが事前にわかって
 いるわけではありませんので、
 事前の勉強が難しいとすれば、
 弁護士に相談して方針を決めるしか
 方法はないのでしょう。

 


↓↓この名言に「なるほどね!」と思ったら
クリックをお願いします

ブログランキング第2位

いつも応援ありがとうございます

 

 

武器としての交渉思考 (星海社新書)
瀧本 哲史
講談社
売り上げランキング: 5,288


続きを本ナビで読む