本のソムリエの「一日一冊:今日の名言」

本のソムリエが、名言クイズの答えを解説。

MENU

ウォーレン・バフェット「なぜタバコ業界が好きなのか教えよう。一セントで作れる。一ドルで売れる。依存性だ。

ドラッグは世界をいかに変えたか―依存性物質の社会史

「今日の名言クイズ」の答えは・・

・伝説の投資家ウォーレン・バフェットはあるときこう語っている。「なぜ私がタバコ業界が好きなのか教えよう。一セントで作れる。一ドルで売れる。依存性だ。しかもブランドへの忠誠がすばらしい」(p135)


ドラッグは世界をいかに変えたか―依存性物質の社会史
デイヴィッド・T. コートライト、春秋社
【私の評価】★★★★☆(84点)
[楽天ブックスで購入する]

 

■伝説の投資家ウォーレン・バフェットが、
 コカ・コーラ、タバコのフィリップ・モリスに
 投資しているのは誰もが知っています。

 

 その理由は、その会社が儲かるから。
 その製品は安く作ることができ、
 顧客は高くても買うのです。

 

 コカ・コーラに含まれるカフェイン、
 タバコに含まれるニコチンが
 人を中毒にするのでしょう。

 

■中毒性の商品は、
 好不況に影響されず
 一定の売上を期待できます。

 

 商品としては素晴らしい特性であり、
 多くの大企業が生き残っている
 ことが証明しています。

 

 ただ、ギャンブルと同じで、
 顧客はその中毒性の商品が
 経済的にも肉体的にも自分を
 破壊する可能性も知ったうえで
 購入しているのです。

 


↓↓この名言に「なるほどね!」と思ったら
クリックをお願いします
ブログランキング第2位

いつも応援ありがとうございます

 

 

ドラッグは世界をいかに変えたか―依存性物質の社会史
デイヴィッド・T. コートライト
春秋社
売り上げランキング: 285,610


続きを本ナビで読む