一日一冊:今日の名言

本のソムリエが、名言クイズの答えを解説。

MENU

マルクスは大英博物館の図書閲覧室に朝九時から閉館時間の七時までいる

f:id:japantn:20170731064551j:plain

「今日の名言」は・・・

・マルクスの生活は毎日の大英博物館通い ―
 博物館の図書閲覧室に朝九時から
 閉館時間の七時までいる ― と、
 夜の長時間の執筆で占められていた・・ 
 マルクスは一度も定職につかなかった・・・
 エンゲルスから定期的に金を送ってもらっていた・・
 結局マルクスは二十年間毎日苦しみながら、
 やっと『資本論』の第一巻を完成させ、
 残りの二巻を完成させる前に死んでしまう(p66)


天才たちの日課 クリエイティブな人々の必ずしもクリエイティブでない日々」 メイソン・カリー、フィルムアート社
【私の評価】★★★☆☆(75点)
[楽天ブックスで購入する]

 
■マルクスは、酒、タバコ好き、無職、
 金銭管理のできない
 ダメ男だったようです。

 

 それでも友人の資金援助を頼りに
 毎日大英博物館で
 「資本論」を書いていました。

 

 資本主義はいずれ行き詰まり、
 次の体制に変わっていくという
 考え方です。

 

■「資本論」の言うとおり、
 世界には共産主義国家が
 生まれました。

 

 そして地上の楽園と言われた国は、
 その多くが消滅していきました。

 

 ニートが考えた理想は、
 人の命を使った実験が行われ、
 結果が見えてきているのです。

 


↓↓この名言に「なるほどね!」と思ったら
クリックをお願いします
第1位

 

いつも応援ありがとうございます

 

天才たちの日課  クリエイティブな人々の必ずしもクリエイティブでない日々
メイソン・カリー
フィルムアート社
売り上げランキング: 16,202

続きを本ナビで読む