一日一冊:今日の名言

本のソムリエが、名言クイズの答えを解説。

MENU

対華21箇条要求・・加藤外相は、お人好しにも袁世凱の望み通りに最後通牒を突き付けました

f:id:japantn:20180626074246j:plain

「今日の名言クイズ」の答えは・・・

対華21箇条要求・・・時の外務大臣・
 加藤高明が袁世凱と交渉しているときに、
 袁世凱が「すみません、私の立場がなくなるんで、
 最後通牒の形式で突き付けてくれませんか、
 そうしてもらえたら仕方なく、
 ということで 言い訳が立ちますんで」
 と言いだします。
 そこで加藤外相は、お人好しにも袁世凱の
 望み通りに最後通牒を突き付けました(p63)


学校では教えられない歴史講義 満洲事変」倉山 満、ベストセラーズ
【私の評価】★★★★★(90点)
[楽天ブックスで購入する]

 

■日本人は、お人好しと言われます。

 

 慰安婦を認めてくれたら、
 もう慰安婦については問題にしません、
 と言われて、認めてしまう。

 

 21カ条を最後通牒としてもらうと
 私の面子が立つと言われて
 その通りにして日本批判のネタにされる。

 

 お人好しとは、
 他人の好意を期待するという
 外交では致命的な特長なのでしょう。

 

■軍隊や武器がなくても
 他国は攻めてこないだろう。

 

 日本の技術やノウハウを
 教えてあげたのだから
 一緒に日本製品を売ってくれるだろう。

 

 契約があるのだから、
 契約どおりやってくれるだろう。

 

 こんな主張は日本国内では
 聞いてくれる人がいるかもしれませんが、
 外国ではありえないことです。

 

 弱い国を経済・軍事的に支配する、
 ノウハウを学んだら自分で作って
 売ってしまうなどという
 最悪を想定しなくては
 世界で生きていけないのです。

 


↓↓この名言に「なるほどね!」と思ったら
クリックをお願いします

ブログランキング第2位

いつも応援ありがとうございます

 

 

学校では教えられない歴史講義 満洲事変
倉山 満
ベストセラーズ
売り上げランキング: 1,939


続きを本ナビで読む