本のソムリエの「一日一冊:今日の名言」

本のソムリエが、名言クイズの答えを解説。

MENU

どの人も内地風に話す・・沖縄はもう「革命の拠点」なのだ

f:id:japantn:20180528212810j:plain

「今日の名言クイズ」の答えは・・・

・拡声器を使って常に複数の人が抗議をしているが、
 どの人も内地風に話す・・
 高江は、政府対反政府軍の戦いを
 そのまま描いたような異様な状態だ。
 運動家達は、「また戦場にする気か」と
 怒鳴り散らすが、沖縄はもう戦場になっていて、
 辺野古と高江はある意味
 「革命の拠点」なのだ(兼次)(p26)


沖縄の危機! ―『平和』が引き起こす暴力の現場
ロバート・D・エルドリッヂ、宮崎政久、仲村覚、仲新城誠、兼次映利加
【私の評価】★★★☆☆(77点)
[楽天ブックスで購入する]

 

■1996年に日米間で
 沖縄米軍基地の整理統合が
 合意されました。

 

 その内容は、普天間の返還と県内移設、
 北部演習場の過半の返還と
 高江へのヘリパッド移設でした。

 

 沖縄の負担軽減のため
 現在も工事が進んでいる中で
 日本各地から妨害活動を支援する人が
 集まっているのです。

 

■確かに地元の人は
 米軍基地があることで
 悲しい思いをしています。

 

 その一方で、その悲しみを利用して
 目的を達成しようと活動している
 組織があるわけです。

 

 私には農民の悲しみを利用して
 暴力革命を達成しようとした
 極左グループを想起させます。

 

■共産党は、労働者に
 地上の楽園を約束して、
 人民を地獄に落としました。

 

 正義を口にする人の言葉は鵜呑みにせず、
 その結果、総合的にどうなるのか
 よく考える必要があるのでしょう。

 

 私たちは民主党のマニュフェストでも
 同じ経験をしていることを
 忘れてはならないのでしょう。

 


↓↓この名言に「なるほどね!」と思ったら
クリックをお願いします
ブログランキング第2位

 

いつも応援ありがとうございます

 

 

沖縄の危機! ―『平和』が引き起こす暴力の現場
ロバート・D・エルドリッヂ 宮崎政久 仲村覚 仲新城誠 兼次映利加
青林堂 (2017-01-20)
売り上げランキング: 161,151


続きを本ナビで読む