本のソムリエの「一日一冊:今日の名言」

本のソムリエが、名言クイズの答えを解説。

MENU

昭和20年、終戦の年・・・60人ばかりの青年の一群が到着・・「私たちは、宮城県栗原郡の各村のもの

宮中見聞録―昭和天皇にお仕えして

「今日の名言クイズ」の答えは・・

・昭和20年、終戦の年・・・60人ばかりの青年の一群が到着・・「私たちは、宮城県栗原郡の各村のものでありますが、二重橋の前の広場に雑草が生い茂って、たいへん荒れている、ということを聞きましたので、草刈りやお掃除のお手伝いのために上京してきました・・(p114)


宮中見聞録―昭和天皇にお仕えして」木下 道雄、日本教文社
【私の評価】★★★★☆(80点)
[楽天ブックスで購入する]

 

■終戦後、国内が困窮する中、
 皇居周辺も荒れ放題でした。

 

 そこにやってきたのが、
 宮城県栗原郡からの
 若者だったという。

 

 食料、燃料を持参し、
 60人が3日間皇居周辺の
 手入れをしていったのです。

 

■天皇陛下のご意向で
 陛下は作業現場で
 この奉仕の若者たちと
 対話をされました。

 

 このお話が全国に伝わると
 次々に奉仕の人々が殺到することになり、
 この皇居における奉仕と
 陛下との対話は今も続いているのです。

 

 
↓↓この名言に「なるほどね!」と思ったら
クリックをお願いします

ブログランキング第2位

いつも応援ありがとうございます

 

 

宮中見聞録―昭和天皇にお仕えして
木下 道雄
日本教文社
売り上げランキング: 24,555


続きを本ナビで読む