本のソムリエの「一日一冊:今日の名言」

本のソムリエが、名言クイズの答えを解説。

MENU

JAL・・・責任体制も明確ではない

新版 敬天愛人 ゼロからの挑戦

「今日の名言クイズ」の答えは・・

JAL本社で仕事をするようになってから・・「現在の経営実績はどうなっているか」と幹部に尋ねても、なかなか数字が上がってこない。やっと出てきたかと思うと、数ヶ月前のデータで、しかも、極めてマクロなものばかり。さらに、誰がどの収益に責任を持っているのか、責任体制も明確ではない(p198)


新版 敬天愛人 ゼロからの挑戦」稲盛 和夫、PHP研究所
【私の評価】★★★★☆(85点)
[楽天ブックスで購入する]

 

■経営の甘い会社の特徴は、
 どんぶり勘定であることです。

 

 ”どんぶり”ですから、どの部門が
 どれだけの売り上げがあり、
 どれだけの資源を使って、
 どれだけ利益を出しているのか
 わからない。

 

 これでは経営者は現状を把握できず、
 どのような手を打てばよいのか
 判断できないでしょう。

 

■経営破たんしたJALにおいても
 どんぶり勘定であったようです。

 

 そのため稲盛氏は事業を路線別に分割し、
 路線別に経営責任者を置きました。

 

 また、社内取引を行うことで、
 毎日の路線、便別の収支が
 分かるシステムを導入しました。

 

■つまり、経営責任者が、社内取引により
 機体をレンタルし、機体整備費を支払い、
 乗員を手配するのです。

 

 そして価格設定から、販売促進まで
 すべてについて経営責任を持つ
 という体制になっています。

 

 路線別の経営責任者は
 日別のデータに基づいて稲森さんに
 現状と課題への対応を説明する。
 これが稲盛式なのです。

 


↓↓この名言に「なるほどね!」と思ったら
クリックをお願いします

ブログランキング第2位

いつも応援ありがとうございます

 

 

新版 敬天愛人 ゼロからの挑戦 (PHPビジネス新書)
稲盛 和夫
PHP研究所
売り上げランキング: 278,276


続きを本ナビで読む