読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一日一冊:今日の名言

本のソムリエが、名言クイズの答えを解説。

MENU

「退職後、5年間はロビイストにならない」と宣誓させる

f:id:japantn:20170121101233j:plain

「今日の名言」は・・・

・省の人事で「退職後、5年間
 ロビイストにならない」
 と宣誓させるのはトランプが初。・・
 大方の役人は、省を退職後に
 ロビイストとして活躍し、
 選挙で議員の票をとりまとめたり、
 寄付を集めたりしています。
 だから、政治家はロビイストに弱いのです(p79)


トランプ後の世界 木村太郎が予言する5つの未来」 木村太郎、ゴマブックス
【私の評価】★★★★☆(84点)

 

■ロビイストとは、
 政党や議員や官僚、マスコミに働きかけて、
 特定の団体に有利な政策へ誘導する
 専門家です。

 

 アメリカでは政権が変わると
 各省庁の幹部も
 交代することになります。

 

 首になった
 省庁の幹部の受け皿の一つが
 ロビイストなのですね。

 

■トランプさんの方針は、
 ロビイストの資金を頼りにしないし、
 影響力のあるロビイストも作らない
 という意思表示です。

 

 いかにロビイストが
 強い力を持ち、
 政策を左右しているのか
 ということなのでしょう。

 

 なお、ロビイストとは違いますが、
 日本の天下りは、2年間だけ
 猶予期間を空ける必要があります。 

 

↓↓この名言に「なるほどね!」と思ったら
クリックをお願いします
第1位

いつも応援ありがとうございます

トランプ後の世界 木村太郎が予言する5つの未来
木村太郎
ゴマブックス (2016-12-10)
売り上げランキング: 31,915

続きを本ナビで読む

■楽天ポイントを集めている方はこちら『いいね!』