本のソムリエの「一日一冊:今日の名言」

本のソムリエが、名言クイズの答えを解説。

MENU

人生の悦楽のひとつは自分とおなじ知的水準のひとびとと常時交わりをもちうることである

空海の風景(下巻)改版

「今日の名言クイズ」の答えは・・

・人生の悦楽のひとつは自分とおなじ知的水準のひとびとと常時交わりをもちうることであるとすれば、帰国後の空海におけるこの面での淋しさは、あるいは当然なことであったかもしれない(p348)


空海の風景(下巻)改版」司馬 遼太郎、中央公論社
【私の評価】★★★★☆(85点)
[楽天ブックスで購入する]

 

■空海は唐の長安でも、
 書や詩文において高い評価を受け、
 高いレベルの人と交流していました。

 

 日本での学習のみで
 唐の首都長安で認められた空海は
 天才と言ってよいのでしょう。

 

■帰国した空海は、庶民向けの学校を
 作り、詩文の手引きを書きました。

 

 自分と同じレベルの人がほとんど
 いない中で、人材育成に取り組んだ
 空海の気持ちは
 いくばかりだったのでしょうか。

 


↓↓この名言に「なるほどね!」と思ったら
クリックをお願いします

ブログランキング第2位

いつも応援ありがとうございます

 

 

空海の風景〈下〉 (中公文庫)
司馬 遼太郎
中央公論社
売り上げランキング: 5,457


続きを本ナビで読む