一日一冊:今日の名言

本のソムリエが、名言クイズの答えを解説。

MENU

我慢を重ねて、最終的に堪忍袋の緒が切れる

f:id:japantn:20170529064457j:plain

「今日の名言」は・・・

我慢を重ねて、最終的に堪忍袋の緒が切れる。
 この傾向は自分の中にはっきりとあるし、
 日本人の国民性としてもあると思う・・・
 譲るばかりではなく、この線以上は
 譲る気がないという意思を強く示すことも、
 事態を収拾するための
 大切な配慮であるはずだ(p237)


国のために死ねるか 自衛隊「特殊部隊」創設者の思想と行動
伊藤 祐靖、文藝春秋
【私の評価】★★★★★(93点)
[楽天ブックスで購入する]

 
■韓国人の年寄りは、
 日本人を恐れているという。
 それは昔の言い伝えからです。

 

 それは、昔、韓国人は
 日本人が船でやって来ると騙して
 有り金すべて取り上げました。

 

 そして3回騙されたとき、
 その日本人は、
 日本刀で韓国人を何十人も殺し、
 自殺したという。

 

 もうそろそろ日本人が
 怒り出すのではないか、と
 恐れているのですね。

 

■確かに日本人は、
 自分も相手にも
 正直であることを求めます。

 

 相手が日本人なら
 そうした感覚はわかりますが、
 外国人にはわからない。

 

 騙される奴が悪い、
 という国が多いですね。

 

 日本人は何度騙されても、
 譲って引いて我慢する。
 しかし、最終的には皆殺し。

 

 もうそろそろ我慢の限界でしょうか。
 日本人も韓国人も
 気をつけたいものです。

 


↓↓この名言に「なるほどね!」と思ったら
クリックをお願いします
第1位

いつも応援ありがとうございます

 

国のために死ねるか 自衛隊「特殊部隊」創設者の思想と行動 (文春新書)
伊藤 祐靖
文藝春秋
売り上げランキング: 8,219

続きを本ナビで読む