本のソムリエの「一日一冊:今日の名言」

本のソムリエが、名言クイズの答えを解説。

MENU

「総理のご意向」と記載された文科省内文書・・担当者が言い訳のために書いたメモの類

f:id:japantn:20180406065021j:plain

「今日の名言クイズ」の答えは・・・

・加計学園問題の本質は、メディアの
 資質をチェックするリトマス試験紙・・
 「総理のご意向」と記載された文科省内文書だが、
 これは公式のものではない。しかも書かれた
 日付は2016年9月26日。おそらくワーキング
 グループの協議で内閣府の担当者に完敗した
 文科省の担当者が、言い訳のために
 書いたメモの類ではないか。
 そしてもちろんいうまでもないが、
 これには議事録のような証拠能力はない(p25)


なぜこの国ではおかしな議論がまかり通るのか メディアのウソに騙されるな、これが日本の真の実力だ
高橋 洋一、KADOKAWA
【私の評価】★★★★☆(85点)
[楽天ブックスで購入する]

 

■なぜ、加計学園問題が、
 メディアの資質をチェックする
 リトマス試験紙なのでしょうか。

 

 それはちょっと調べれば、
 加計学園問題が問題ではないことが
 わかるからです。

 

■まず、文科省は50年間も
 獣医学部の設置認可「申請」を
 受け付けないと規制していた。

 

 そうした非常識な規制を崩すために
 作られたのが国家戦略特区です。

 

 国家戦略特区は、文科省に例外として
 1つの大学の設置を認めさせることが
 できました。

 

■そもそも文科省は組織ぐるみの
 天下り斡旋で前川事務次官が
 辞任しています。

 

 その文科省から内部文書が流出し、
 前の事務次官が森友学園問題では
 「行政がゆがめられた」と主張している。

 

 こうした状況が分かれば、総理は無罪。
 文科省は総理へのいやがらせで有罪。
 それを報道するマスコミも
 同じレベルということなのでしょう。

 


↓↓この名言に「なるほどね!」と思ったら
クリックをお願いします

ブログランキング第2位

いつも応援ありがとうございます

 


続きを本ナビで読む