本のソムリエの「一日一冊:今日の名言」

本のソムリエが、名言クイズの答えを解説。

MENU

米朝首脳会談の共同声明署名後に行われたトランプ大統領の記者会見では、安倍総理の名前が連呼

f:id:japantn:20181101070231j:plain

「今日の名言クイズ」の答えは・・

・日本の”反安倍メディア”は、米朝首脳会談の直後、「日本は蚊帳の外だ。安倍首相の出る幕はなかった」などと書き立てたが、それは事実に反したフェイク報道だった。実際は、共同声明署名後に行われたトランプ大統領の記者会見では、安倍総理の名前が連呼され、いかに安倍総理が今回の米朝首脳会談に食い込んでいたかを、改めて世界に知らしめることになった(p81)


米中貿易戦争で日本は果実を得る」高橋 洋一、悟空出版
【私の評価】★★★★☆(87点)
[楽天ブックスで購入する]

 

■著者は、メディアは”安倍憎し”から
 フェイク(嘘)報道をすると
 断言しています。

 

 北朝鮮問題では安倍首相は蚊帳の外・・・
 加計学園では安倍首相が行政を歪めた・・
 森友学園では財務省に忖度させた・・

 

 元財務官僚の著者からすれば、
 すべて本質からずれているという。

 

 そもそも財務省は
 政治家を脅すことはあっても
 忖度することはないのです。

 

■加計学園問題では、元文科省事務次官の前川氏が
 「行政のあり方が歪められた」
 と発言し、マスコミは安倍政権の官邸支配に
 対する告発者として褒めたたえています。

 

 この問題も元財務官僚の著者からすれば、
 獣医学部を作らないことで
 利権を守ろうとした文科省を
 安倍政権の規制改革が壁を崩しただけ。

 

 利権を崩され、天下り先もなくなり、
 未成年女性の調査もばれてしまった。

 

 それを逆恨みして「歪められた」などと
 記者会見するような人間が
 事務次官になれるのですから、
 官邸は役人の人事をもっと
 チェックする必要があるのでしょう 。

 


↓↓この名言に「なるほどね!」と思ったら
クリックをお願いします

ブログランキング第2位

いつも応援ありがとうございます

 

 

米中貿易戦争で日本は果実を得る
高橋 洋一
悟空出版
売り上げランキング: 299


続きを本ナビで読む