一日一冊:今日の名言

本のソムリエが、名言クイズの答えを解説。

MENU

イギリスは対馬に対する租借権を要請し、実力による対馬沿岸の測量を実施したことがある

f:id:japantn:20180821070040j:plain

「今日の名言クイズ」の答えは・・・

・ビリレフの言うイギリスがこの対馬の占領
 画策しているという点は極めて事実に近い
 ものであった・・・イギリスはこの
 対馬に対する租借権を要請し、実力による
 対馬沿岸の測量を実施したことがある。
 もちろん幕府はこのイギリスの依頼も
 断っている・・・もしイギリスが軍事力で
 対馬を占領するようなことがあれば、
 ロシアは日本と協力して、これを撃退したい
 と申し出てきたことがあった(p88)


幕末日本を救った「先見力と胆識」―逆風の中の名リーダー
新井 喜美夫、プレジデント社
【私の評価】★★★★★(90点)

 

■1861年ロシアの軍艦ポサドニック号が
 艦長ビリレフが対馬に上陸し、
 対馬沿岸の租借権を求めました。

 

 対馬の領主との面談を要求しつつ、
 建物を建設し、沿岸測量を行い、
 居座ったのです。

 

■それに対し、幕府は外交ルートを
 使いながらロシアと交渉しつつ、
 勝海舟のアドバイスでイギリスを利用します。

 

 つまり、先に対馬の租借を求めていた
 イギリスを引っ張り出して、
 ロシアと交渉させるというものです。

 

■結果として、イギリスは対馬に軍艦を派遣し、
 イギリスとの軍事対立を避けた
 ロシアのビリレフは退去しました。

 

 イギリスもロシアも対馬を占領したいと
 考えているなかで、ギリギリの中で
 対馬の独立は保たれたのです。

 

 

↓↓この名言に「なるほどね!」と思ったら
クリックをお願いします

ブログランキング第2位

いつも応援ありがとうございます

 

幕末日本を救った「先見力と胆識」―逆風の中の名リーダー
新井 喜美夫
プレジデント社
売り上げランキング: 1,209,142


続きを本ナビで読む