本のソムリエの「一日一冊:今日の名言」

本のソムリエが、名言クイズの答えを解説。

MENU

ハワイ奇襲作戦には反対であった南雲長官や草鹿参謀長は・・この山口の提案を無視し、一路日本への帰還を決定した

f:id:japantn:20180830072429j:plain

「今日の名言クイズ」の答えは・・・

山口(多聞)は、この二つの海戦で、 南雲司令官に対し、三たび重要な提案を発信している。 その第一の発信はハワイ奇襲の時点である・・ 「第二次攻撃隊の準備完了」と打電し、そのための決断を南雲長官に迫ったのである。しかし、もともと、このハワイ作戦には反対であった南雲長官や草鹿参謀長は・・この山口の提案を無視し、一路日本への帰還を決定した・・・(p204)


日本のリーダーにみる敗ける理由」新井 喜美夫、プレジデント社
【私の評価】★★★★☆(88点)
[楽天ブックスで購入する]

 

■太平洋戦争では、いくつかの
 謎があると言います。

 

 例えば、なぜハワイ奇襲において
 一次攻撃成功の後に、
 二次攻撃を行わなかったのか。

 

 ハワイ奇襲の目的がアメリカ軍の
 動きを止めるためなのですから、
 二次攻撃によって燃料タンクや
 修理工場、通信施設を破壊することが
   必要だったのです。

 

■そしてまた、なぜミッドウェー海戦では、
 敵を発見との情報を受けたにもかかわらず、
 ただちに出撃しなかったのか。

 

 魚雷だろうが、陸上爆弾だろうが、
 戦艦や空母に直撃させれば、
 相手に被害を与えることはできるのです。

 

 なぜか日本軍は陸上爆弾を魚雷に切り替えを決断し、
 その作業のために時間を浪費。
 出発準備が完了した時点で敵機の攻撃を受け、
 空母四隻を失うことになったのです。

 

■実は、これは謎というよりも、
 その答えは簡単で、司令官が
 南雲忠一であったというのが
 著者の結論です。

 

 このような無能な人を国家の命運を左右する
 戦いの司令官という地位に就かせてしまう
 大日本帝国海軍という組織の
 問題だとしているのです。

 


↓↓この名言に「なるほどね!」と思ったら
クリックをお願いします ブログランキング第2位

いつも応援ありがとうございます

 

日本のリーダーにみる敗ける理由
新井 喜美夫
プレジデント社
売り上げランキング: 640,944


続きを本ナビで読む