本のソムリエの「一日一冊:今日の名言」

本のソムリエが、名言クイズの答えを解説。

MENU

阿呆がいなければ、世の中には新しいものは生まれないのだ(トヨタ自動車創業者、豊田喜一郎)

優れた発想はなぜゴミ箱に捨てられるのか?  限界を突破するTOCイノベーションプロセス

 

「今日の名言クイズ」の答えは・・

・困難だからやるのだ。誰もやらないし、やれないから俺がやるのだ。そんな俺は阿呆かもしれないが、その阿呆がいなければ、世の中には新しいものは生まれないのだ(トヨタ自動車創業者、豊田喜一郎)(p78)


優れた発想はなぜゴミ箱に捨てられるのか? 限界を突破するTOCイノベーションプロセス」岸良 裕司、ダイヤモンド社
【私の評価】★★★★★(95点)
[楽天ブックスで購入する]

 

■トヨタ自動車とは、
 豊田自動織機の御曹司豊田喜一郎が
 立ち上げたベンチャー企業でした。

 

 エンジンも車体も技術も何もないところから
 これからは自動車の時代になる
 という確信から開発を始めたのです。

 

 当然、周囲からは無理、不可能、
 金の無駄、家が潰れるなどと
 反対されたのです。

 

■その後も太平洋戦争が起こり、
 工場は空襲を受ける。
 戦後は労働争議や資金繰りが
 厳しくなり倒産の危機を迎えます。

 

 そうした危機を乗り越え、
 トヨタ自動車は販売体制、
 効率的な製造工場を
 つくり上げてきたのです。

 

 阿呆がいなければ
 新しいものは生まれないとは
 至言だと思います。

 


↓↓この名言に「なるほどね!」と思ったら
クリックをお願いします

ブログランキング第2位

いつも応援ありがとうございます

 

 

優れた発想はなぜゴミ箱に捨てられるのか? 限界を突破するTOCイノベーションプロセス


続きを本ナビで読む