本のソムリエの「一日一冊:今日の名言」

本のソムリエが、名言クイズの答えを解説。

MENU

「天知る、地知る、我知る、人知る」

石田梅岩『都鄙問答

「今日の名言クイズ」の答えは・・

・上に立つ者が下に従う者から賄賂などをもらっては、政道が成り立たない。たとえしばらくの間はばれなくても、「知る、地知る、我知る、人知る」のだから、いつかは表沙汰になって天罰を受けるだろう(p143)


石田梅岩『都鄙問答』」石田梅岩、致知出版社
【私の評価】★★★☆☆(70点)
[楽天ブックスで購入する]

 

■文脈からすると、江戸時代は
 地位の高いものが、低いものから
 金を受けとって配慮してあげるという
 ことが普通に行われていたようです。

 

 侍が下々から礼金を取る。
 領地を管理する庄屋が百姓から
 礼金を受け取る。

 

 こうしたことを石田梅岩は
 いけないことであるとして答えているので、
 表立ってはいないものの、
 こうした賄賂は普通だったのでしょう。

 

■また、いけないこととしては、
 品質の低い商品を品質の高い商品の
 値段で売ってはいけない、
 分量をごまかしてはいけない、
 と書いてあります。

 

 ということは、そうした商行為が
 江戸時代にはよく行われていた
 ということなのでしょう。

 

 江戸時代は、こうした商行為に
 ついて、何が正しいのか、
 何が商売をよくするのか
 明確になっていなかったのかも
 しれません。

 


↓↓この名言に「なるほどね!」と思ったら
クリックをお願いします

ブログランキング第2位

いつも応援ありがとうございます

 

 

石田梅岩『都鄙問答』 (いつか読んでみたかった日本の名著シリーズ14)
石田梅岩
致知出版社 (2016-09-29)
売り上げランキング: 41,208


続きを本ナビで読む