本のソムリエの「一日一冊:今日の名言」

本のソムリエが、名言クイズの答えを解説。

MENU

国連女子差別撤廃委員会は・・慰安婦合意について「被害者中心ではない」と批判・・・委員長は弁護士の林陽子氏・・彼女を委員に推薦したのは、実は外務省

米国人弁護士だから見抜けた 日弁連の正体

「今日の名言クイズ」の答えは・・

・2016年3月、国連女子差別撤廃委員会は・・・2015年12月の慰安婦合意について「被害者中心ではない」と批判する最終見解を公表しました・・さらにこの時の女性差別撤廃委の日本に対する最終見解案では、皇位継承が男系男子の皇族だけにあるのは女性への差別だとして、皇室典範の改正を求める勧告が盛り込まれていたのです・・実はこの時の同委員会の委員長は日本人でした。弁護士の林陽子氏です・・なぜ林氏のような人物が同委員会の委員になれたのでしょうか。彼女を委員に推薦したのは、実は外務省なのです(p204)


米国人弁護士だから見抜けた 日弁連の正体
ケント・ギルバート、扶桑社
【私の評価】★★★★☆(80点)
[楽天ブックスで購入する]

 

■弁護士の林陽子氏は、
 松井やより氏の後継者と
 言われている人物です。

 

 松井やより氏は元朝日新聞記者で、
 「戦争と女性への暴力」日本
 ネットワーク(VAWW・NETジャパン)
 を設立し、初代代表でした。

 

 この団体は2000年に「女性国際戦犯法廷
 (正式名称:日本軍性奴隷制を裁く
 女性国際戦犯法廷)」という
 イベントを開催しています。

 

■松井氏の後継者と言われる林陽子氏は、
 NGOのAPWLD(Asia Pacific Forum on Women, Law and Development)
 の委員だったときに松井やより氏に
 女性運動について学んだと証言しています。

 

 また、国際連合人権委員会のクマラスワミも
 NGOのAPWLDのメンバーであったということも
 興味深い。

 

 さらに、林陽子氏は部落開放同盟系の
 国連NGO「反差別国際運動(IMADR)」の
 顧問でもある。

 

 外務省がどうして林陽子氏を
 国連女子差別撤廃委員会に推薦したのか
 もう少し調べてみたいと思います。

 


↓↓この名言に「なるほどね!」と思ったら
クリックをお願いします

いつも応援ありがとうございます

 

 

米国人弁護士だから見抜けた 日弁連の正体
ケント・ギルバート
扶桑社 (2018-10-28)
売り上げランキング: 167,266


続きを本ナビで読む