本のソムリエの「一日一冊:今日の名言」

本のソムリエが、名言クイズの答えを解説。

MENU

資産課税と付加価値税を導入し、所得税と法人税他すべての税金はゼロにする・・

f:id:japantn:20180316064517j:plain

「今日の名言クイズ」の答えは・・・

資産課税と付加価値税を導入する代わりに、
 所得税と法人税、その他すべての税金はゼロにして
 「タックスヘイブン化」する・・
 現在、日本の所得税は累進性が非常にきつい。
 最高税率は国税が40%、それに
 地方税が10%ついて50%に達する。
 一方、海外に目を転じるとモナコと
 リヒテンシュタインはゼロ、
 スイスは11.5%、ロシア(しかも累進課税
 ではなくフラットタックス)は13%、
 香港は15%だ(p170)


「リーダーの条件」が変わった」大前 研一、小学館
【私の評価】★★★★☆(80点)
[楽天ブックスで購入する]

 
■日本の政府部門の赤字は、
 1000兆円以上だと言われています。
 日本人一人当たり1000万円です。

 

 その一方で、
 日本の家計の金融資産は
 1800兆円もある。

 

 この1800兆円と1000兆円を
 相殺するために
 財務省は消費税の増税を
 計画しているわけです。

 

■しかし、消費税とは
 消費を罰する税金です。

 

 消費税率を上げていけば
 どんどん消費が減っていく。
 消費税も減っていく。

 

 大前さんの提案は
 消費税率を上げるのではなく、
 資産に課税することで
 消費を奨励するというものです。

 

■もっともな意見ですが
 こうした税制の変革を
 やり切れる人がいるのでしょうか。

 

 ロシアは2001年に独裁者プーチンが
 所得税13%のフラットタックスを
 導入しました。

 

 独裁は嫌いですが、
 正しい判断ができる独裁こそが
 最強なのかもしれません。

 


↓↓この名言に「なるほどね!」と思ったら
クリックをお願いします

ブログランキング第2位

いつも応援ありがとうございます

 

「リーダーの条件」が変わった (小学館101新書)
大前 研一
小学館
売り上げランキング: 320,899


続きを本ナビで読む