本のソムリエの「一日一冊:今日の名言」

本のソムリエが、名言クイズの答えを解説。

MENU

アメリカが介入して2011年に南スーダンを建国した・・これは現代の十字軍

悪の指導者(リーダー)論

「今日の名言クイズ」の答えは・・

・南スーダンの石油開発というのは、ほとんどを中国が行っていました・・それゆえにアメリカが介入してスーダン南部を分離させて、2011年に南スーダンを建国した・・北スーダンはイスラム教で南スーダンハアニミズムかキリスト教です・・これは現代の十字軍です(p84)


悪の指導者(リーダー)論」山内 昌之 佐藤 優、小学館
【私の評価】★★★★☆(84点)
[楽天ブックスで購入する]

 

■自衛隊も派遣されていた
 南スーダンの内戦では、
 現地は悲惨な状態になっています。

 

 実はこのスーダンの紛争は
 アメリカと中国の石油利権をめぐっての
 代理戦争なのです。

 

■人道支援の視点では
 南スーダンをなんとかしなくては
 ならないのでしょう。

 

 そして、実際には石油の利権を巡って
 主導権争いをしているという本質も
 理解しなければ解決は難しいのでしょう。

 


↓↓この名言に「なるほどね!」と思ったら
クリックをお願いします

ブログランキング第2位

いつも応援ありがとうございます

 

 

悪の指導者(リーダー)論 (小学館新書)
山内 昌之 佐藤 優
小学館
売り上げランキング: 302,466


続きを本ナビで読む