本のソムリエの「一日一冊:今日の名言」

本のソムリエが、名言クイズの答えを解説。

MENU

太平洋戦争当時の軍艦島には警官が二人駐在していただけで日本兵は一人も駐屯していなかった

ラストサムライの挑戦! 技術立国ニッポンはここから始まった!  明治日本の産業革命遺産

「今日の名言クイズ」の答えは・・

・2017年には、軍艦島で多くの朝鮮人労働者が虐殺され殺されたとする韓国映画『軍艦島』が公開された・・太平洋戦争当時の軍艦島には警官が二人駐在していただけで日本兵は一人も駐屯していなかった(p255)


ラストサムライの挑戦! 技術立国ニッポンはここから始まった! 明治日本の産業革命遺産」岡田 晃、集英社
【私の評価】★★★★☆(86点)
[楽天ブックスで購入する]

 

■中国、韓国は日本の歴史認識を攻撃し、
 反日に賛同する国や協力者を増やそうと
 工作活動を継続しています。

 

 たとえばなぜ、
 従軍慰安婦や徴用工の問題が
 ここまで問題となるのか。

 

 過去には慰安婦を軍部が誘拐し、
 強制労働させ、虐殺した。
 戦時の徴用工も同じであり、
 軍艦島でも同じことが起きたとする。

 

 慰安婦にしろ、徴用工にしろ、
 日本人の同僚とと一緒に
 それなりの給与をもらって
 勤務していたという点から
 史実とは言えないと思います。

 

■それでもなぜ、韓国は
 史実を折り曲げて、
 日本を批判するのか。

 

 史実は中国、韓国とも
 分かっていることだと思います。

 

 それでも国家として日本の歴史問題を
 追求し、世界的に日本の非道を
 組織的にPRしています。

 

 日本を悪魔化するためのプロパガンダ、
 情報戦争が進行中と
 考えるべきなのでしょう。

 

■日米、日露、日台、日韓を分断し、
 反日共同戦線を作ろうとする情報戦争が
 継続されています。

 

 それに対抗しようとする政治家は
 極右として、ヘイト発言を
 攻撃され、潰そうとします。

 

 すでに政治家、官僚、マスコミにも
 協力者がおり、手遅れかもしれませんが、
 対抗していく必要があるのでしょう。

 


↓↓この名言に「なるほどね!」と思ったら
クリックをお願いします

ブログランキング第2位

いつも応援ありがとうございます

 

 


続きを本ナビで読む