本のソムリエの「一日一冊:今日の名言」

本のソムリエが、名言クイズの答えを解説。

MENU

うわさや状況証拠だけニュース記事を書くことはできません

新聞の正しい読み方:情報のプロはこう読んでいる!

「今日の名言クイズ」の答えは・・

・うわさや状況証拠だけニュース記事を書くことはできません。特ダネにつながるような話を聞いたとしても、それが事実であると上司も確信できるだけの裏づけ(直接証拠)を得なければならないのです(p102)


新聞の正しい読み方:情報のプロはこう読んでいる!
松林 薫、エヌティティ出版
【私の評価】★★★☆☆(73点)
[楽天ブックスで購入する]

 

■日経新聞の場合、
 記事にするには証拠による
 裏づけが必要だという。

 

 慰安婦報道、モリカケ関係の書籍を読むと
 某新聞社は取材先の人が言っている
 ことを書いているだけだから
 検証などする必要はないと主張しています。
 (または苦しんだ人がいるのは
 事実として論点をすりかえる)

 

 どちらも正しいのか、
 それともどちらかが
 正しくないのか。

 

■私の報道機関としての定義は、
 報道機関は現場・現実・現物を確認し
 真実を報道するのが使命だと
 考えています。

 

 取材先で言われたことを
 そのまま掲載するのであれば、
 だれでもできることであり、
 広告記事と同じでしょう。

 

 そういう意味では
 日経は報道機関であり、
 某新聞社は何機関なのでしょうか。

 


↓↓この名言に「なるほどね!」と思ったら
クリックをお願いします

ブログランキング第2位

いつも応援ありがとうございます

 

 

新聞の正しい読み方:情報のプロはこう読んでいる!
松林 薫
エヌティティ出版 (2016-03-10)
売り上げランキング: 233,251


続きを本ナビで読む