本のソムリエの「一日一冊:今日の名言」

本のソムリエが、名言クイズの答えを解説。

MENU

牛に引かれて進むゼロ戦

戦争と平和

「今日の名言クイズ」の答えは・・

に引かれて進むゼロ戦・・・なぜトラックではなくなのかといえば、道が舗装されていなかったためです・・・ガタガタ揺れると、精密機械である飛行機が痛んでしまうからです・・原因は日本の縦割り行政の硬直性です・・工場はあくまでも民間のものですが、飛行場となると軍の管轄になるし、さらに道路を管理するのはお役所はまた別という具合に、すべて、管轄が異なるわけです。だから調整が進まなかったのです(p69)


戦争と平和」百田 尚樹、新潮社
【私の評価】★★★★★(91点)
[楽天ブックスで購入する]

 

■スタジオジブリ映画「風たちぬ」の中で
 ゼロ戦が牛にひかれている場面が
 印象に残っています。

 

 史実ではゼロ戦を製造していた名古屋の
 三菱重工から50キロ離れた飛行場に
 ゼロ戦を分解して運んでいたという。

 

 これでは戦争に勝てないな・・・
 と誰もが感じたのではないでしょうか。

 

■また、ゼロ戦を設計した堀越二郎は
 翼を曲線で設計し、頭の平な沈頭鋲を
 採用して海軍の要求性能に応えようとします。

 

 冷静に考えれば、翼を直線で設計し、
 普通の鋲(リベット)を使ったほうが
 性能は劣りますが、生産性は上がります。

 

 しかし出力の小さいエンジンで性能を
 上げるためには生産性を無視して
 手間をかけて工芸品のような戦闘機を
 作るしか道がなかったのです。

 


↓↓この名言に「なるほどね!」と思ったら
クリックをお願いします

ブログランキング第2位

いつも応援ありがとうございます

 

 

戦争と平和 (新潮新書)
戦争と平和 (新潮新書)
posted with amazlet at 19.08.17
百田 尚樹
新潮社
売り上げランキング: 69,451


続きを本ナビで読む