本のソムリエの「一日一冊:今日の名言」

本のソムリエが、名言クイズの答えを解説。

MENU

近衛内閣は、尾崎秀実ら昭和研究会の影響を受けて、アジアから英米勢力排除を目指す

アメリカ側から見た東京裁判史観の虚妄

「今日の名言クイズ」の答えは・・

・ルーズヴェルト政権の反日政策に反発して近衛内閣が反米政策をとることは、結果的にスターリンによるアジア共産化に加担することになるから注意すべきだと若杉総領事は訴えたわけだ。が、その声に、近衛内閣は耳を傾けなかった・・・近衛内閣は、ゾルゲ・グループの尾崎秀実(おざきほつみ)ら昭和研究会の影響を受けて、アジアから英米勢力排除を目指す「大東亜新秩序建設」を国是とする「基本国策要綱」を閣議決定(p164)


アメリカ側から見た東京裁判史観の虚妄」江崎 道朗、祥伝社
【私の評価】★★★★☆(83点)
[楽天ブックスで購入する]

 

■日本人は謀略を行うのも
 謀略に対応するのも
 下手だという人がいます。

 

 他国は日本を挑発するために
 在留邦人を虐殺することもある。
 国家間の約束を守らないこともある。

 

 日本人はそうした挑発に
 正しいがゆえに正しく反応し、
 相手の罠にはまってしまう。

 

■例えば、靖国神社参拝問題。

 

 日本の立場で考えれば、
 国のために命を捧げた先人に
 感謝の意を伝えることが
 何が悪いのか。

 

 一方、他国は靖国神社参拝は
 日本の軍国主義、ファシズム復活の
 象徴だと工作活動を行っている。

 

 そのタイミングで靖国参拝を
 行えば、やっぱり日本は
 軍国主義化しているのでは?
 となってしまったのです。

 

■同じように韓国問題。

 

 現在、文在寅(ムン・ジェイン)は
 韓国の主敵を北朝鮮から日本に
 置き換えたいと考えている。

 

 そのためにあらゆる手法を用いて
 日本を挑発しているのです。

 

 日本が少しでも反発すれば、
 それに応じて韓国も対抗策を打ち出し、
 日本を敵として韓国国民を煽りたてる。

 

 マスコミの協力もあり
 目標達成は目前です。

 


↓↓この名言に「なるほどね!」と思ったら
クリックをお願いします
ブログランキング第2位

いつも応援ありがとうございます

 

 

アメリカ側から見た東京裁判史観の虚妄 (祥伝社新書)
江崎 道朗
祥伝社
売り上げランキング: 19,281


続きを本ナビで読む