一日一冊:今日の名言

本のソムリエが、名言クイズの答えを解説。

MENU

人事が固定化されてしまうと、みずからの部署だけのことを考える「部分最適」が優先

f:id:japantn:20180813091707j:plain

「今日の名言クイズ」の答えは・・・

人事が固定化されてしまうと、
 同じ人間が同じ作業を繰り返すことで、
 仕事が悪い意味でルーティン化してしまい、
 惰性になりがちです。そうすると
 みずからの部署だけのことを考える
 「部分最適」が優先され、それが必ずしも
 全体にとって最適ではなく、
 かえって効率が悪くなってしまう例も
 多々あります(p42)


赤字30億円からV字復活させた 逆転発想の人材・組織改革術
駒村 純一、扶桑社
【私の評価】★★★★☆(83点)
[楽天ブックスで購入する]

 

■同じ部署に長くいるベテランの長所は、
 経緯や技術をわかっているので
 安定した仕事ができることでしょう。

 

 その一方で、ベテランの短所は、
 全社的な視点ではなく
 自分の部署の利益で判断しがちなこと。

 

 ベテランにとって、
 自分の評価をするのは部署の長であり、
 部署のために仕事をすれば
 評価されるからです。

 

■そうした中で、
 ベテランに全社的な視点で判断し、
 改革に向けて行動してもらうのは
 至難の業でしょう。

 

 全社最適の考え方をすれば、
 かならず一部の部署とぶつかる
 ことになります。

 

 会社にメリットがあるとしても
 改革が成功する確証があるわけでもなく、
 既得権を守ろうとする部署と戦う自分には
 リスクしかないのですから。

 


↓↓この名言に「なるほどね!」と思ったら
クリックをお願いします

ブログランキング第2位

いつも応援ありがとうございます

 

赤字30億円からV字復活させた 逆転発想の人材・組織改革術
駒村 純一
扶桑社 (2018-06-22)
売り上げランキング: 129,076


続きを本ナビで読む