一日一冊:今日の名言

本のソムリエが、名言クイズの答えを解説。

MENU

農業生産額に占める財政負担の割合は、アメリカの65%に比べて日本は27%と少ない・・関税に裏づけられた高い価格という特徴を、無視している

f:id:japantn:20181108114607j:plain

「今日の名言クイズ」の答えは・・

・農業生産額に占める財政負担の割合は、アメリカの65%に比べて日本は27%と少ないから、日本の農業保護は小さいという主張・・第一に、これは日本の農業保護の方法が、財政による補助ではなく、関税に裏づけられた高い価格によるものだという特徴を、無視している・・・第二に・・低所得者層向けのフード・スタンプ(食料購入切符)の予算額は、アメリカ農務省予算の7割(p235)


バターが買えない不都合な真実」山下 一仁、幻冬舎
【私の評価】★★★★☆(85点)
[楽天ブックスで購入する]

 

■農業の維持・振興は
 国の安全保障上の重要事項であることは
 だれでも同意することでしょう。

 

 そして国家財政に余裕がなくなりつつあり、
 国家間の貿易交渉が活発になっている今、
 これまでの農業政策が
 絶対的に正しくこのまま継続して
 良いのかどうか考える時期に
 来ているようです。

 

 自民党、農協、農林水産省の主流派の主張は、
 農業保護は不十分であり、
 もっと農家を保護する必要がある
 というものです。

 

■農業の保護の指標としては
 OECDのPSE(生産者支持推定量)
 という数値が参考になるらしい。

 

 これは、農家に支払われる財政負担と
 消費者の負担分である国内価格と国際価格との差に
 生産量をかけた金額の合計です。

 

 農家の総収入を100としたときの
 農業PSEの比率は
 2013年でアメリカ7.4%、EU19.8%、
 日本は55.6%だという。

 

 日本の農業の収入の半分は,
 補助であるということなのです。

 


↓↓この名言に「なるほどね!」と思ったら

クリックをお願いします

ブログランキング第2位

いつも応援ありがとうございます

 

 

バターが買えない不都合な真実 (幻冬舎新書)
山下 一仁
幻冬舎 (2016-03-30)
売り上げランキング: 338,020


続きを本ナビで読む