本のソムリエの「一日一冊:今日の名言」

本のソムリエが、名言クイズの答えを解説。

MENU

日本の「植民地」の「琉球人民」に対する 「弾圧」や「不法占拠」

中国が世界に知られたくない不都合な真実

「今日の名言クイズ」の答えは・・

・攻撃的対日運動に関する情報の伝達は、日本全国各大学の留学人員友好聨誼会(中国人の留学生ネットワーク)にも広がっており、日本の「植民地」の「琉球人民」に対する「弾圧」や「不法占拠」などが議論されています(p105)


中国が世界に知られたくない不都合な真実
坂東 忠信、青春出版社
【私の評価】★★★☆☆(77点)
[楽天ブックスで購入する]

 

■2008年の北京オリンピックの聖火リレーでは、
 コースに集まったチベット支援者と、
 それを排除しようと動員された中国人との間で
 衝突が起こりました。

 

 この衝突は世界各地で起きており、
 日本では長野で中国人により数人の日本人が
 ケガをしたということになっています。

 

 中国政府は政治的に世界中の中国人を
 動員できるし、そうした中国人は
 暴力的な行動もいとわないのです。

 

■また、TV番組でオーストラリアの選挙に
 中国人が立候補し、多くの中国人留学生が
 選挙区に転入していたと報道していました。

 

 選挙人リストの住所を確認してみると
 中国人留学生と思われる人が
 同じ住所に6,7人もいるのです。
 その住所には誰も住んでいませんでした。

 

 これは中国のネットワークを使って
 留学生を組織的に移転させ、
 投票させていたということです。

 

■こうした法律の穴を突き、
 違法ぎりぎりのことを
 平気でやるのです。

 

 仮に外国人参政権など認めれば
 数千万人の中国人が来日すれば
 合法的に日本を乗っ取ることも可能。

 

 移民は必要とはいえ、増え過ぎれば、
 民主党政権時代以上のことが
 起こる可能性もあるのでしょう。

 


↓↓この名言に「なるほどね!」と思ったら
クリックをお願いします

ブログランキング第2位

いつも応援ありがとうございます

 

 

中国が世界に知られたくない不都合な真実
坂東 忠信
青春出版社
売り上げランキング: 624,067


続きを本ナビで読む